Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/321go/www/wp/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 825
現地で電話を使えた方が良い5つの理由

現地で電話を使えた方が良い5つの理由

スポンサーリンク

理由①: 緊急連絡に必要

警察、消防、救急、保険会社、カード会社…いずれも緊急連絡先として挙げられます。

留学期間中、ひとりで行動する恐れがある人は電話が使える状態にしておきましょう。

このご時世、何があるかわかりません。自分の身は自分で守ることが大事です。

理由②: タクシーで必要なことも

配車をお願いする時や、到着場所が指定場所と異なっていた時に助かります。

少なくとも Uber は電話番号の登録が必要です。

しかも、到着時にドライバーから電話されることも結構ありました。

さて、Oxfordでの観光が終わって、バス停に行ったわけですが、かれこれ待ってもMegabusは来ません。乗客も不安で、ここ...

Uberの登録は こちら から 初回 £3 OFF です!

理由③: アプリの登録で必要なことも

FacebookなどSMS認証が必要なアプリもあります。

最近では無料で入手できるIP電話の番号だと認証できないことがあるため、ご注意。

理由④: 宿泊先から連絡が来ることも

イギリスのB&Bで多かったことですが、

チェックイン時間を指定せずに予約した場合、結構な回数で

「何時に来るか?」

と当日に電話がかかってきました。

メールだとみんな返信しないためでしょうか。

ちなみにドイツではメールで尋ねられることが多く、電話はありませんでした。

理由⑤: Flixbusでは遅れた場合、SMSで通知が来る!

これは便利です。

ヨーロッパ旅行で何かとお世話になるFlixbusは遅れることもあります。

必ずしも緑のバスで来るとは限らないので助かりますね。

理由⑥: 場所によってはデータ通信だけ繋がらないことも

データ通信も3G回線であれば、まだ良いのですが、2G回線しか繋がらないとなると

Messengerでさえ、更新に数分を要することも…

そんなときでも電話回線なら繋がる!ということがありました。

特に顕著なのが、建物の中、あとロンドンのカウントダウン花火の時。

結論

イギリスで使える電話があるに越したことはありません。

イギリスでSIMだけを買うなら、日本のキャリア会社よりも料金は安いです。

SIMカードについてはこちらの記事から

スポンサーリンク